JAグループ

日本橋「ゆかり」三代目の野永喜三夫さんが、全国各地で受け継がれているJAのブランド・伝統食材の魅力をお伝えする座学セミナーです。

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
日時 4月20日(金)12:05~12:50  お申し込み締切日:4月12日(木)
会場
〒100-6804 東京都 千代田区大手町1-3-1 JAビル4階
TEL:03-3212-2355
●営業時間/9:00〜18:00
●休館日/土・日・祝日

●地下鉄千代田線・東西線・半蔵門線・三田線・丸の内線、各「大手町駅」C2b出口直結
●地下鉄東西線「竹橋駅」4番出口より徒歩2分
参加費 お一人様1,000円(お弁当付き)
定員 50名(事前申し込みによる抽選)
講師 野永 喜三夫氏(日本橋「ゆかり」三代目)
主催 JA全中
共催
協力 JAおきなわ
内容 第1弾の伝統食材は、5月8日(ゴーヤーの日)に向けて、沖縄のゴーヤーをメインに、青パパイヤやナーベーラー(ヘチマ)をご紹介します。
沖縄の伝統野菜は、別名「島野菜」とも呼ばれ、戦前から導入され、伝統的に食されてきた地域固有の野菜のことを指します。首都圏でもすっかりおなじみのゴーヤーや、最近ブームの波がジワジワ来ている青パパイヤは、昔から沖縄で食べられている食材です。そんな沖縄の伝統野菜を、野永先生が家庭料理に取り入れやすい料理にアレンジして紹介します。
お昼休みの時間を有効に使い、プロの技を通して、島野菜の魅力を感じてみてはいかがでしょうか?
備考
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

お問合わせ

農業・農村ギャラリー イベント事務局
TEL:03-3212-2355
メールアドレス:info@ja-nng.jp